シンプレスジャパンでもHappy Halloween!

シンプレスジャパンでもHappy Halloween!

皆さん、こんにちは。社長室のEricaです。本日は、社内で10月28日(金)に開催いたしました、ハロウィンパーティーの様子をお伝えします。

シンプレスジャパンでは昨年ハロウィン当日に朝から仮装をして、終業後にハロウィンパーティーを実施しましたが、今年は初めての試みとしてグループ会社間の交流会も兼ね、プラザクリエイト株式会社と合同でハロウィンパーティーを開催いたしました!

プラザクリエイトの代表取締役社長である大島康広がマリオブラザーズのマリオに、シンプレスジャパンの代表取締役社長、河合元浩がルイージに仮装して登場。パーティーは幕を開けました。
(右がプラザクリエイト社長の大島、左がシンプレスジャパン社長の河合)

 
プラザクリエイトとシンプレスジャパンは同じオフィスビルに入居していますが、フロアが異なりお互いどんな人が働いているか知る機会が少なかったため、まずは自己紹介をしていきました。

同じ会社の人でも意外と知らない趣味があるなど、新しい発見も!自分の個性を開花させることができた人もいました。

 
次に「チーム対抗コスチューム大会」というコンテストを開催。
チームで一つのテーマを決めて仮装し、その中でベストコスチュームチームを選びました。

優勝したのは、スペシャルゲストとしてこのパーティーに参加してくれた入社前のプラザクリエイト内定者チーム。テーマは「女子高生とドロボーたち」。とても可愛らしく、またその仮装に合った寸劇も披露してくれました!

 

優勝チームの記念撮影

優勝賞品は、Vistaprint(ビスタプリント)で作ったオリジナルカラーマグカップ。全8色あるマグのうち、ハロウィーンカラーのオレンジをチョイスして作成したもの。

 
最後は、プラザクリエイト社長の大島より、マリオにちなんだスピーチでパーティーは締めくくられました。

「今回私はスーパーマリオに仮装することになり、改めてマリオについて調べてみました。実はマリオは19回も転職していたということをご存知でしょうか?彼の職種は冒険家をはじめ、オリンピック選手、レーサー、医者、ビルの解体屋、パティシエ、テニスの審判員、職業軍人、ボクシングの審判員、雀士、玩具会社社長など多種多様で、何でも器用にこなす優れた才能の持ち主だったのです。

しかし彼にとって、彼の本職は『配管工』。彼の仕事は配管工を通して、人々、社会、国、そして世界を繋ぐことだったのかもしれません。私もマリオのように、シンプレスジャパンとプラザクリエイトを繋ぐ配管工になり、更なる発展を目指して参りたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

 
大島のスピーチに感銘を受け、私も社長室としてこのような社内イベントや交流会の企画を通して、人との繋がりを深めることをしていきたいと改めて思いました。

プラザクリエイト、シンプレスジャパン合同でのハロウィンパーティーは初めての試みでしたが、普段関わる機会が少ない人と話すことができたり、いつもとは違う一面を発見したりできる楽しい機会となりました。

 
今後も、また皆さんに楽しんでもらえるようなイベントを企画していきます!それでは、次回のブログもお楽しみに。