『Digipri年賀状2018』受付中です!

Digipri年賀状2018

http://nenga.digipri.jp

こんにちは、Digipri(デジプリ)担当の今村です。

 

今年もDigipriでは年賀状印刷の受付が始まりました。

Digipriにとってこの時期は一年の中で最も重要なシーズンです。10月から12月まで、わずか3ヶ月の販売ですが、私たちはそのために丸一年間を費やします。毎年、年が明けたら、すぐに次の年の年賀状の準備が始まります。それぞれの部門が一年間かけて、より良いサービスをご提供できるように鋭意努力しています。

 

Digipriは、2001年にWEBブラウザだけでカスタマイズできる年賀状サービスを発表しました。編集ソフトやプリンターを購入する必要はありません。誰でも簡単にインターネット経由で年賀状のデザイン編集からプリント注文までできるサービスです。今では同様のサービスをたくさんありますが、当時としては画期的なサービスでした。

サービス開発にあたり、たくさんのお客様に安心してご利用いただけるように試行錯誤しました。そしてたどり着いたのがシンプルなUI(ユーザーインターフェース)です。当時参考にしたのは、実は「ファミコン」のコントローラーでした。十字キーと決定ボタンのみ。複雑な操作をなるべく減らし、初心者の方でも戸惑うことなくご利用いただけることを意識しました。Digipriは、誰でも直感的に操作できるシンプルなUIと、お客様にご満足していただける高品質プリントにこだわっています。

DIgipriが今でもたくさんのお客様に愛され続けている理由は、このちょっとしたこだわりがあったからではないかと思っています。

 

年賀状と聞いて思い出すのが、その昔、日本郵便のコマーシャル広告で、「年賀状は、贈り物だと思う」という素敵なコピーがありました。私はそのコピーに、とても感動したことを覚えています。

家族と家族、遠方で暮らす友人や恩師との繋がり、そして一年の初めのご挨拶。年賀状で繋がる絆は、かけがえのないものだと思います。人々がスマートフォンを使いSNSで繋がるこの時代になっても、年賀状という存在は、取って代わることのできない大切な贈り物だと思います。

DIgipriで一番人気の「写真入り年賀状」は、毎年その家族のベストショットが写っています。素晴らしい笑顔で満ち溢れています。みなさんの笑顔が贈り物として、新年のご挨拶として、相手の方に届くと思うと、とてもワクワクします。私はこの仕事に携わりながら、ささやかながらお客様のお役に立てていることを嬉しく思うしだいです。

キャンバスプリント年賀状

https://store.shopping.yahoo.co.jp/digipri/

さて、DigipriではBIGサイズの飾れる年賀状、「キャンバスプリント年賀状」を特別販売しています。年賀状として、贈り物として、素敵な絵を飾っていただくことで、みなさんの新しい一年がハッピーになっていただけたら嬉しいです。年賀状のデザインを描いていただいた3名の著名デザイナーにご相談したころ、共感していただき、快くデザインを引き受けていただいたことに、大変感謝しています。

 

これからいよいよ忙しいシーズンが始まります。私たちは、一人でも多く、一枚でも多く、お客様の大切な贈り物として、年賀状をプリントしてお届けできるように日々頑張ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加